2017年08月23日

監視員

学生のとき、知り合いの小学校の先生から、夏休みのプールのアルバイトを頼まれました。よくある監視員のアルバイトだと思ったら、障害を持った子の補助の仕事でした。お給料もいいし、ひとりの面倒を見るくらいだから楽勝、楽勝と軽い気持ちで引き受けました。
それまで、アルバイトってしたことがなかったんです。割と勉強が忙しい学部でレポートに追われていたし、出席も厳しかったので。夏休みに冷たいプールに入れて(監視員だと入れないですよね)お金ももらえるなんて一石二鳥だと思ったんです。
でもだいぶ勘違いしていました。
私が担当した子は、プールの中でバランスをつかむのもすごく大変な子でした。入るだけで大騒動。足がちゃんとプールの底に付かないのですごく不安になるんですね。プールの中で暴れないように「大丈夫だよー!」となだめながら抱きしめていました。少し落ち着いたら抱きかかえたまま私が歩くのが彼にとっての水泳です。
甘い考えで引き受けてしまったけど、その子はほとんど休まずにプールを楽しみに来てくれていたのでよかったです。
1つだけ失敗したのが、私自身の生理が始まってしまって、プールに入れなくなったことです。たまたま空いていた友達が変わってくれたのだけど、アルバイトとは言え仕事で人に迷惑をかけちゃいけないなとすごく反省しました。
【日記の最新記事】
posted by Job-Master at 19:00| 日記

2017年07月03日

正社員からアルバイトへ

422e8ecbf448c9e0262955330d018ab1_m.jpg
正社員をやめ、時間の空いた時間を活用する為、週5日、4・5時間、アルバイトする事にしました。正直、このアルバイト舐めてました。(誰でも出来ると)私は、50近いおばさん、この仕事は、全くのど素人、とても苦労しました。若い頃に比べてやはり記憶力、視力(老眼)、体力、全てにおいて日々苦労しております。
アルバイトの仲間は、学生さんや、若い主婦の方が多いですが、皆んないい人ばかりなので、分からない事とかは、嫌な顔せず、助けてくれるので、凄く助かります。私の後に何人かの新しいアルバイトの方が入って来ました。上司から「新人さんだから、助けてあげてね。」(ちょっと待って下さいよ。
私もあんまり変わらないです。自分自身の仕事にまだ、自信無いです。無理でーす。余裕が無い。)と、思いつつ、苦笑いでごまかす私がいました。このアルバイトは、今のところ好きですが、目が回る程忙しいです。4?5時間しかやっていませんが、アッと言う間に終わってしまいます。
歳のせいかもしれませが、1日が早く感じます。そのおかげなのか、規則正しい生活を送っています。早く仕事を覚えて、新しいアルバイトの人に自信を持ってサポートできる人になりたいです。
posted by Job-Master at 20:00| 日記