2017年03月14日

無理はいけない

今年で社会人5年目になりますが、過去に、給料が低すぎてお金がない!という事態に陥り、副業としてアルバイトをしていたことがあります。朝から夕方まで普通に働いて仕事が終わってから休む暇もなくバイト先へ駆けつけ、帰宅するのは22時を過ぎるという生活を多い時は月の半分はしていました。
アルバイトはスーパーの一角にあるパン屋さんでしていたのですが、調理器具等の洗い物、巨大なまな板の掃除、日報の入力、レジ締めなどを任されていました。特にキツかったのは掃除の締めである調理場の床掃除です。最初にほうきでごみを取り除き水を流して洗剤をまいてブラシでこすり、再度水を流して最後に水捌けほうきで水分をなくします。昼間の仕事はデスク作業なのでたいした疲労はありませんが、一日働いた後のこの掃除はなんとも腰にくる苦痛な作業でした。また、レジ締めにおいても、人生でレジに触ったことがないのにいきなり締めてという話になり最初はお金が合わず焦ることもありましたが、一ヶ月もしない内にレジ締めが楽しくなるほどに成長できたことはよかったと思います。
ただ、やはり朝から晩まで働くというのは身体には大変な疲労で、3ヶ月で辞めてしまいました。大変でしたが、自分で決めたことでしたし、お金だけではなく、新しく得た知識等もあったので自分の為になったと感じています。
posted by Job-Master at 06:00| 日記